話し合いでの債務整理を目指す特定調停

話し合いでの債務整理を目指す特定調停

債務整理

借金を重ねて返済不可能になってしまった人の救済措置として用意されているのが、
債務整理制度です。

 

債務整理には、借金の額や整理の仕方によっていくつかの種類があり、
現状に合わせた整理法を選択して債務を整理することができます。

 

今回は、債務整理の中でも特定調停と呼ばれる手続きについて解説します。

 

特定調停とは、簡易裁判所に債務整理の申し立てを行い、
裁判所に債権者と債務者の仲介役を依頼して債務を整理する方法です。

 

借入金の返済計画の見直しや、片が医学の減額交渉などを双方で話し合います。

 

特定調停では、裁判所はあくまでも債権者と債務者の仲介役を担う存在となります。

 

一般的な裁判のように判決によって判断を示すことはなく、話し合いの仲介役という立場で手続きに参加します。

 

特定調停は話し合いを目的にしているため、弁護士などの法律の専門家を代理人にしなくても、債務者本人が手続きを行えます。

 

手続きに必要な費用も安く、交渉する一社当たり500円前後しかかかりません。

 

手続きにかかる費用を少しでも節約するために、債務者本人が手続きをするのが一般的です。

 

特定調停の目的は、借金の状況がそのままでは生活が破たんしてしまう人の救済です。

 

話し合いでは債務者の生活を救済するために、金利の見直しや減額を行って借金完済を目指します。

 

債権者側に一方的な不利益が生じるないように、借金の棒引きなどはまず行われません。

 

利息制限法を超える金利での借り入れがあれば、当然見直されます。

 

過払い金に関しては債務者側に返還されますが、その返還金を借金返済に充てて債務整理を行うこともあります。

 

長期間返済を続けていれば、その分過払い金の額も高額になりますから、
過払い権を返済に充てるだけで完済可能なケースもあります。

 

申し立てから双方の合意が形成されて調停が終了するまでは、借金の返済義務がストップします。

 

取り立ても禁止されるので、債権者側による調停の妨害を心配する必要はありません。


弁護士の債務整理で借金がほぼ無くなった親戚の事例

私の親戚は、以前に債務整理の手続きに成功しています。

 

まず親戚がなぜその手続きを行う事になったかと言うと、買い物です。

 

親戚の方は、とにかく買い物が多いので、それでクレジットカードなどを使うことも多かったのですが、
だいぶその金額が膨れ上がっていたようです。

 

それである時にとうとう限界を感じて、法テラスに相談をする事になりました。
いわゆる士業の方々を紹介してくれるサービスです。

 

それで親戚に対してある弁護士が紹介されたのですが、最終的に親戚の借金はほぼ帳消しになったようです。
ゼロ円になった訳です。

 

ちなみに親戚の場合は、ちょっと裁判所にも足を運んだようです。

 

何か難しいことがきかれるのではないかと不安だったようですが、実際にはとても簡単なやり取りで済んだそうです。

 

本当に簡単な質問が2つだけ行われて、それで手続きはほぼ終了だったそうです。

 

ちなみに現在の親戚ですが、その時にお世話になった弁護士に対して成功報酬を支払っている状況です。

 

どうも分割で支払っているようです。
毎月の決まった日に、金融機関から振り込んでいる状況だそうです。

 

いずれにしても、親戚の借金が上手く整理されて良かったです。

 

それが整理されなかったら、今ごろ親戚の方はかなり大変だったと思います。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<