家族や職場に知られずに債務整理

家族や職場に知られずに債務整理

借金の返済に困っている方は家族に出来るだけ知られたくないものです。

 

そんな時に家族に内緒で債務整理することが可能なのが、任意整理という手続きです。

 

任意整理では裁判所を通さずに債権者と任意で交渉し、将来利息のカットや無理のない金額での分割払いに応じてもらいます。

 

利息制限法に基づいて再計算を行いますので、消費者金融などに利息制限法の上限金利を超えて借りていましたら、払いすぎた利息が戻ってきます。

 

戻ってきた利息だけで借金が完済できたり、現金が手元に残るケースもよくあります。

 

自己破産の手続きを行うと、官報という国が発行する機関誌に住所や氏名などが記載されますが、任意整理では記載されることが無いです。

 

自己破産では同居している家族の給与明細や源泉徴収票などの書類を提出するよう求められることがありますが、任意整理では求められないです。

 

家族に知られずに任意整理できることが可能ですが、場合によっては知られる可能性があります。

 

それはご家族が保証人になっている場合です。しかし任意整理では債権者を選べますので、ご家族が保証人になっている借金を外すことが出来ます。

 

債権者から借金返還を求める訴訟を起こされると、裁判所からご自宅に訴状が届いてしまい、ご家族に知られる可能性があります。

 

ですが日頃から郵便物をしっかり管理している方なら大丈夫です。

 

訴訟を起こされるケースはそれほど多くはなく、家族に知られる可能性は少ないですが全くゼロではないです。

事務所選びと督促が止まるまでの早さ

金融会社からの借金で滞納が発生してしまうと、必ずと言って良いほど督促が来ます。ただそれにも段階がありますね。最初の内は電話で督促が来るのですが、エスカレートすると郵送や訪問などになります。

 

そしてお金を借りている側としては、やはりそれをストップしたいと思うのが自然ですね。なかなか返済が難しいのに督促されるのは、色々と心理的な負担を感じてしまうものだからです。

 

法律事務所に相談をすると、それは全てストップする事ができるのです。自力で裁判などをする時はストップしません。ストップは法律事務所の大きなメリットなのです。

 

ただそのストップにかかるまでの時間も、事務所によって色々ですね。即日それがストップする事務所もあれば、最短で即日という事務所など様々なのです。

 

そしてお金を借りている側からすれば、やはり一刻も早く止まる方が良いでしょう。苦痛から逃れられるのは、早いに越した事が無いからです。

 

ですのでそれは事務所を選ぶ基準の1つになりますね。即日止めてくれる事務所も案外多く見られますので、各業者の公式サイトなどを確認してスピードをチェックしてみると良いでしょう。もしくは電話などで事務所に問い合わせてみても良いと思います。

債務整理の代表的な方法とメリット

「借金を抱えてしまって返済しきれない」「人生のやり直しをしたいのに、借金のせいで何もできず、人生終わりだ…」と多額の借金を抱えている人は悩みを抱えています。しかし、人生を諦める必要はないのです。借金を減らしたり、場合によっては消滅させることも可能な場合があるのです。

 

「借金が消えたり、減ったりするなんてそんなうまい話があるわけがない!」そうお思いの方に代表的な債務整理の方法を紹介していきます。任意整理・民事再生・自己破産の3種類です。

 

債務を整理して、計画的に債権者に返済をしていくのは任意整理といいます。借金の整理をすることによって、返しすぎた借金を取り戻すことや、返す必要のない借金を無効にすることができます。その結果、借金の額が減ることもあります。任意整理は借金の返済と何も変わりがないため、借金を抱えている人に不利になることはありません。

 

民事再生は裁判所を通じて借金の分割払いを認めてもらう方法です。この方法は、高価な財産を手放すことなく債務を減額できる点で心理的に軽く感じます。

 

そして、すべての借金を帳消しにする自己破産です。高価な財産は処分され、就ける仕事にも影響が出ますし、大きな借金はできませんが、借金生活から完全に逃れられます。「「人生の終わり」などという表現は単なる偏見に過ぎません。

 

このように3種類の債務整理方法を紹介しました。これらの手続きは債務整理の得意な弁護士に頼むのがよいでしょう。