自己破産した後の生活はどうなるか

自己破産した後の生活はどうなるか

多額の借金を背負ってしまっても、自己破産されるとすべての借金返済が免除されます。

自己破産した後の生活はどうなるか

もう借金返済に追われる毎日から解放されますが、

 

自己破産されるとその後の生活がどうなるか不安に感じる方が多いです。

 

自己破産されると何もかも失ってしまうイメージが強いですがそうではないです。

 

確かに住宅や土地などの不動産や99万円以上の現金、

 

20万円以上の預貯金、

 

20万円以上価値のある車など

 

一定以上の財産を持っている場合は失ってしまいます。

 

しかし逆に言えば99万円以下の現金や20万円以下の預貯金などは手元に残ることになります。

 

生活必需品や家財道具など最低限生活に必要なものは残されますので、

 

自己破産された後にすぐに生活に困ってしまうという事は少ないです。

 

弁護士に自己破産の手続きを依頼されると、債権者に受任通知を発送して取り立てや催促をストップしてくれます。

 

しかし自己破産されるとブラックリストに載ってしまい、最長で10年間は新規借入やクレジットカード作成が出来なくなります。

 

ブラックリストは金融機関同士で共有されているため、自己破産後にお金に困っても借りることが困難です。

 

一度自己破産されると7年間は再度自己破産できませんので、

 

手続き後の生活設計はきちんと立ててお金に困らないようにすることが大切です。

 

自己破産は官報に申立人の住所氏名が記載されますが、

 

一般の方で官報を読むことはあまりないので官報から知人に知られてしまう事は少ないです。

自己破産されるときの必要書類

自己破産されるときの必要書類には裁判所で入手するものとご自身で準備するものの、大まかに分けて2種類あります。

 

裁判所で入手する必要書類は破産申立書・免責申立書です。

 

 

申立人の住所氏名、借金総額や借金の時期、保有している財産などを記載します。

 

その他にも借金した理由などを記載する陳述書、全ての債権者の一覧表、

 

不動産や現金、預貯金、自家用車、有価証券など保有している財産を全て記載する資産(財産)目録、

 

家計の収入や支出などを記載する家計の状況が必要です。

 

ご自身で準備する必要書類は住民票や戸籍謄本です。

 

さらに収入を得ている場合は給与明細書や源泉徴収票など収入を証明する書類のコピーが必要です。

 

貯金がある場合は預金通帳のコピー、不動産がある場合は不動産登記簿謄本、自家用車がある場合は車検証のコピー、

 

生命保険など保険に加入している場合は保険証券のコピー、年金をもらっている場合はその受給証明書のコピーが必要です。

 

クレジットカードを持っている場合はすべてのカードを提出します。

 

申立人の保有している財産など状況によって、裁判所によって必要書類が違ってきますので、事前にどんなものが必要か下調べしておいてください。

 

自己破産を弁護士に依頼されていると、どんなものが必要か調べてくれますので安心です。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<