債務整理の際の弁護士や司法書士の選び方

債務整理の際の弁護士や司法書士の選び方について

債務整理

借金を返済できなくなって債務整理をする場合は、弁護士と司法書士のどちらに依頼するのがいいのか!
その選び方について知りたい方もいるのではないでしょうか。

 

通常の債務整理の場合は、どちらも費用などの点では、そう極端に変わることはありません。

 

いくらか司法書士の方が安いといわれることもありますが、事務所によっても違いがあります。

 

ただ、弁護士と司法書士では明らかに異なる点が1つあります。

 

それは債務整理の対象となる金額です。

 

現在の法律では、弁護士であれば債務額がいくらであっても大丈夫です。

 

一方、司法書士の場合は代理業務ができるのは、金額が140万円までの場合と決められています。

 

ですから、少額の借金を整理したい時には司法書士、140万円を超す借金を整理したい場合は弁護士に頼むという方法があります。

 

また知人に弁護士や司法書士がおらず、選び方がわからない場合は、各事務所の無料相談を利用するのがお勧めです。

 

無料相談なので自分に合った事務所に出会うまで、複数回行ってみるのは有効な方法です。

 

収入が少ない場合には、法テラスの無料相談の利用もできます。

 

この場合は、民事法律扶助といって、一時的に債務整理の費用を立て替えてもらえて、
後から分割で返済できますので、収入が少なくてまとまったお金を出せない時にはとても便利です。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<