債務整理を行うとクレジットカードは作れなくなる?

債務整理を行うとクレジットカードは作れなくなる?

債務整理

債務整理は借金の取り立てを禁止し、減額も行えるメリットがありますが、
デメリットとして、個人信用情報機関に最大で10年間記録されてしまいます。

 

クレジットカードの審査では、個人信用情報機関の記録を参照するため、
債務整理の記録があると返済できなくなるリスクが高いと判断され、審査に通らなくなります。

 

現在利用中のクレジットカードについては、債務整理の対象になったものは使用できなくなります。

 

これは該当のカードだけでなく、同じブランドのものが全て使えなくなるデメリットがあります。

 

債務整理をしなかったクレジットカードは、ショッピングの利用であれば一括払いならそのまま使えます。

 

分割払いやキャッシングを利用しようとすると、個人信用情報機関に照会が行われるため利用できなくなります。

 

また、クレジットカードには有効期限があり、カードの更新を行う際にも照会が行われるため、
債務整理したことが知られてしまい更新を断られます。

 

クレジットカードが使えなくなると日常生活で不便になりますが、同じように使えるデビットカードは
審査無しで発行できるものがほとんどであるため、任意整理を行ったデメリットを少し抑えられます。

 

ただしデビットカードは、自分の口座から即座に引き落とすという性質のカードなので、これでお金を借りることはできません。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<