債務整理は司法書士に依頼した方が費用が安いのか

債務整理は司法書士に依頼した方が費用が安いのか

司法書士費用

金融機関から借りていたお金が返済できない時は、債務整理を行うことになります。

 

ところでこの債務整理を司法書士に依頼した場合、弁護士よりも費用が安いということはあるでしょうか。

 

特に司法書士だから安いということはありませんが、事務所によっては着手金を取らないなどで、
通常よりも何万円か安いということはあります。これは弁護士の場合も同じです。

 

あと司法書士の場合は、事務所によっては相談料がかからないこともありますので、
相談料が必要な弁護士事務所よりも、そのぶん費用がかからないということはあります。

 

ですから、弁護士であれ司法書士であれ、自分が知っている事務所に頼んで債務整理を行うのがベストです。

 

債務整理の弁護士と司法書士の違い

ただし、司法書士に債務整理を依頼した場合は、注意しておきたい点があります。

 

それは、債務額が140万円までの場合でないと、代理業務ができないということです。

 

2003年以来、司法書士でも簡易裁判所での訴訟、あるいは和解の代理業務が認められるようになっています。

 

しかし、お金が絡む場合は、その対象となる金額が140万円までに定められています。

 

ですから、140万円までの借金を整理するには司法書士、それ以上の借金を整理する場合は、
弁護士に依頼するようにするといいでしょう。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<