債務整理の費用は?いくらかかるの?

債務整理の費用は?いくらかかるの?

債務整理

債務整理と一口に言っても色々な方法があり、目的や借金の額によって選ぶべき方法は異なります。

 

特に借金額が高額の場合、手続きに必要な費用がネックとなって、なかなか手続きに踏み出せない方も少なくありません。

 

費用について正しい知識があれば、借金が膨らむ前に速やかに手続きを行うことができるでしょう。

 

今回は、債務整理に必要な費用について解説します。

 

借金額が少額の場合、裁判を起こさずに債務整理できる方法がむいています。

 

裁判所を通さずに債務整理をすれば、時間も費用も短縮できるので、速やかに生活を再建できます。

 

弁護士など専門家に依頼しなくても債務整理できる方法が、特定調停です。

 

特定調停は簡易裁判所に仲介を依頼しますが、手続きはすべて債務者本人が勧めることができます。

 

1社当たり500円ほどしかかからないので、最も費用を安く済ませられる方法です。

 

法律の専門家に債務整理を依頼する場合、手続きの方法によって費用は異なります。

 

任意整理で債務整理が行われる場合、着手金が一社当たり5万円、成功報酬として減額できた金額の1〜2割程度がかかります。

 

借金の大幅カットが可能な民事再生では、着手金が50万円程度、成功報酬として減額分の1〜2割程度が費用として必要になります。

 

借金がゼロになる自己破産では、通常請求されるのは着手金のみで、一回当たり50万円程度が必要になります。

 

減額分に対する西欧報酬が請求されることはあまりありませんが、借金の総額が高いほど着手金も高額になる傾向があります。

 

その他裁判にかかる実費も負担しなくてはいけません。事務所によって相場は異なりますが、費用にばかり注目して事務所選びをするのは禁物です。

 

実績や実力を考慮して事務所選びをしないと、借金がうまく減額できず、かえって損をしてしまう可能性があるので注意してください。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<