債務整理のデメリットは家族に影響を及ぼすのか

債務整理のデメリットは家族に影響を及ぼすのか

債務整理

一人で借金の返済ができない時に債務整理は一つの手段となります。

 

しかし債務整理を行うと、信用情報機関に情報が登録されるなどのデメリットがあります。

 

そのときに心配なのは家族への影響です。

一緒に住んでいる妻や子供の信用情報が悪くなることがないかということが不安材料の一つとなります。

 

ですが、この点はあまり心配ありません。

 

債務整理をしても、信用情報機関に情報が載るのは本人だけです。

 

妻が連帯保証人になっていたら別ですが、そうでなければ信用情報には問題がありません。

 

ただし、将来子供が住宅ローンを組もうとしたときに、同じ住所の同じ苗字の人が
過去に債務整理をしたことがあるということは、捕捉されてしまいます。

 

そうなったら、金融機関は審査を通してくれないかもしれません。

 

そういうときは、住所を変えれば分からなくなります。

 

また、家族の信用情報は傷つきませんが、例えば自己破産で住宅を手放さなければ
いけないといったことになれば、間違いなく同居の家族には影響が出てきます。

 

子供の習い事などを、やめさせなければいけないかもしれません。

 

債務整理の方法によっては、住宅を手放さなくても済む方法もありますので、
弁護士などによく相談してから決める必要があります。

 

返済額が他の債務整理の方法よりも少し多くなるといったケースもありますが、債務整理の方法の一つである
任意整理でしたら住んでいる家は手放さなくて済み、借金返済を行いやすくなる方法です。

 

任意整理を選択した場合でも利息分は払わなくても良くなるので、債務整理前より返済額は少なくなり
ずっと返済しやすい環境になります。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<