債務整理と自動車ローンの意外な関係?

債務整理と自動車ローンの意外な関係?

債務整理

債務整理をすると、しばらくは自動車ローン(マイカーローン)の審査に通らなくなります。

 

法律上、債務整理をすると自動車ローンを組んではいけないという条文はないので、
絶対に審査に通らないという訳ではありませんが、現実問題として、債務整理の記録が
個人信用情報に残っている人が、自動車ローンの審査に通ることは難しいでしょう。

 

債務整理をすると、自動車のローンの審査に通らなくなる理由は、
個人信用情報に金融事故の記録が残っているからです。

 

金融機関は審査の時に年収などの返済能力の他に、
きちんと返済をしてくれる人なのかという人間的な信用も重視します。

 

過去に金融事故を起こしている人は、その人間的な信用が低いので審査に通らないというわけです。

 

しかし、一定の期間が経過して個人信用情報から金融事故の記録が消えていれば、
金融機関は過去の金融事故の記録を調べようがなくなり、審査に影響しなくなります。

 

その期間は、債務整理後5年から10年と言われています。

 

債務整理のうち、任意整理をしたのか、自己破産、個人再生をしたのかで、
情報が保存される期間は異なる場合があります。

 

また、金融機関によって、どの個人信用情報機関に加盟しているのかも異なるので、
金融機関によっても違ってくることがあります。

 

債務整理後10年が経っていない人は、自動車ローンに申し込みをする前に、
個人信用情報機関(CIC、KSC、JICC)に開示請求をして確認しておくと確実です。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<