個人再生の初期費用は?

個人再生の初期費用は?

個人再生の初期費用は?

個人再生の費用は印紙代として1万円、予納金として1万2千円ほど掛かります。

 

さらに裁判所によって個人再生委員を選任しないといけない場合があり、その報酬として20万円ほど掛かる事があります。

 

弁護士や司法書士と言った専門家にご依頼した場合は個人再生委員が不要になる事があります。

 

個人再生は裁判所を通す手続きであるため、ご自身で手続きするには難しいものがあります。

 

弁護士や司法書士にご依頼するのが一般的です。

 

専門家への費用は事務所によっても異なりますが、弁護士なら費用として30万円から60万円ほど、
司法書士なら費用として20万円から30万円ほどが掛かります。

 

個人再生は住宅ローンを返済中でも住宅ローン条項により、その住宅を失わずに債務整理を行えます。

 

住宅ローン条項をご利用されると、ご利用しないより数万円ほど費用が上がります。

 

個人再生委員が選任された場合の報酬と合わせるとかなりの費用が掛かりますが、弁護士や司法書士への費用については分割払いOKのところがあります。

 

弁護士や司法書士にご依頼するときは費用を分割払い出来るかどうかお問い合わせしてみてください。

 

債務に関するご相談なら何度でも無料の事務所、成功報酬など追加で費用が掛かることが無い事務所が多いです。


個人再生で借金の返済が楽に

大きな借金があり返済に困ったときに弁護士事務所で相談した時のことです。

 

ご相談した時に債務整理という手続きがあり、大きな借金でも減額されたりすべて0になるとの事でした。

 

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの手続きがあり、いろいろご相談した結果、個人再生で債務整理してもらう事にしました。

 

それは任意整理では債務整理しきれない金額でしたし、自己破産ではマイホームを失ってしまうからです。

 

個人再生では住宅ローンについては減額されずに通常通り返済することを条件に、それ以外の借金が大幅に減額される手続きなのだそうです。

 

住宅ローン以外の借金さえ大幅に減額されれば何とかなると思い、早速手続きを開始してもらう事にしました。

 

自己破産では官報に住所氏名が記載されたり、一部の職業や資格に制限がありますが、個人再生にはそれがないので周囲に知られることもなく、お給料も貰い続けることが出来ました。

 

ブラックリストに掲載されてしまったので、当分の間は金融機関から融資を受けることが出来ないので、今後お金に困らないように注意したいです。

 

収入は安定していたので減額された借金を無理なく返済することが出来たので、思い切って弁護士さんにご依頼してみて良かったです。

 

債務整理

>>実績があり頼りになるオススメの弁護士&司法書士はコチラから<<