債務整理をしても住宅ローンは継続可能

返済できなくなった借金を整理して、新たな生活再建のきっかけを作ってくれる制度が「債務整理」です。

 

債務整理手続きを行うと、生活に必要な資産を除いた残りの資産で借金の返済や整理が行われ、手続きが終了すれば借金のないきれいな体に生まれ変わることができます。いくつかのデメリットはありますが、借金ゼロに比べれば影響は比較的小さい物ばかりです。

 

債務整理の種類によって資産の状況は異なります。自己破産という方法で債務整理を行えば、一定の金額と日常生活を贈るのに必要な品物以外は資産が返済に充てられますが、もともと資産のない方にとっては大したダメージにはなりません。

 

個人再生という方法で債務整理をした場合、債務はゼロにはならず五分の一までの減額にとどまります。その代り資産に関するペナルティは低く、自己破産のように住宅を手放す必要はありません。住宅ローンの支払いもそのまま継続することができるので、住宅を保有し続けることができます。

 

住宅ローンに関しては債務整理の対象にならず、減額されることはありませんが、延納は認められています。延納分にかんしては延滞した期間の利息を支払う必要はありますが、返済能力に合わせて返済スケジュールを変更することができるので、債務整理をして

 

も住宅ローンが破たんする危険性を最小限に抑えることが可能です。