債務整理必中リクープナビ は頼れるパートナー情報 おすすめ法律事務所はどこ?

債務整理おすすめ法律事務所はどこ?

債務整理必中リクープナビ は頼れるパートナー情報 おすすめ法律事務所はどこ?

債務整理や自己破産に関して、多くの方が自分に関係ないと思っているかもしれません。

 

家のローンや、多額の借金がある場合、突然、返済が出来なくなる可能性はゼロではありません。

 

債務整理とは、いわゆる借金を整理することです。

 

債務整理のひとつの方法として、自己破産があり、

 

自己破産のほかにも、個人再生、任意整理、特定調停といった種類があります。

 

現在、多額のローンを組みたいと思っても、個人の属性などで審査されます。

 

少し前の80年代、バブルの時代は、簡単にお金を貸してくれるケースが多かったのが事実で、

 

順調に返済できれば何の問題もないのですが、

 

バブルが終わった後、借金を返済できなくなったという体験談は良くあります。

 

家を建てる

 

土地を購入する。

 

ビジネスで多額の負債があった方

 

など、バブル後、返済に苦しみ、債務整理をすることになるケースも多いという現状があります。

 

債務整理の験談を一つご紹介しましょう。

 

40代の男性で、バブル絶頂期に家を購入した方です。

 

消費者金融やクレジットカード系から借金、

 

合計して5000万円ほどの借り入れがありました。

 

仕事は普通のサラリーマン、40代で働き盛り、収入もあったので、マイホームを建てることにしました。

 

バブル絶頂期で、給料も大手企業でそれなりに高かったですが、

 

貯金がなく、頭金も用意できず、住宅ローンのほかにも、銀行、消費者金融で借り入れしていた状況でした。

 

夫婦共働きで返済する計画が、奥さんが病気で働けなくなりました。

 

住宅ローン返済ができず、銀行、消費者金融にさらに追加して借り入れ、みるみるうちに金利が膨らんで負債が増えていきます。

 

結果、返済できずに最終的に自己破産となりました。

 

家購入を決めたころ、

 

ボーナスが100万円以上、年収にすると700万円近くあったのが、不景気の影響で給料が下がってしまったとのこと。

 

債務整理必中リクープナビ は頼れるパートナー情報 おすすめ法律事務所はどこ?

奥さんも働いていたので、返済計画を高めに設定しても、余裕がある状態でした。

 

家の建築費、土地合計すると、4500万円以上になり、

 

住宅ローンには上限があるので、足りない分を消費者金融から借りて不足分に充てていたということです。

 

4500万円借り入れて、さらに追加借り入れをする際に審査はどうだったのだろうということです。

 

その頃、消費者金融の審査はかなり甘かったという事実があります。

 

金融機関の審査ゆるさが、債務整理に繋がることはよくある話で、増額も比較的らくだったようです。

 

借り入れの目的が「家を建てる」ということなら、

 

複数の銀行が貸してくれる時代でした。

 

さらに足りない分はカードローンや、アコム、プロミスなどから、何百万も借り入れしたのです。

 

カードローンや消費者金融は、銀行より金利が高く、当時、20パーセント以上あった金利は、後の債務整理に繋がるリスクになります。

 

金利が高くても、そもそもの収入が高いですから、さらに奥さんも働いているということで、

 

返済に関しての審査はどこも簡単にパスしたのが、結果的に自己破産につながってしまったようです。

 

 

ここ最近では、いつ何が起こって、働けない状態になるかもしれないということを考えておかなければならない時代になりました。

 

現実問題として、収入が高くて景気がよいころには考えないものなのかもしれません。

 

80年代のバブルがはじけた後の、人生転落の体験談は、他にもよく聞きます。

 

収入がダウン、共働きだった奥さんが病気になるなど、返済に困るということを想定できていなかったということですね。

 

給料ダウンやボーナスカットは大きな打撃ですが、

 

奥さんの病気の治療費に、かなりのお金がかかったことも債務整理の理由の一つです。

 

家を売ることを決心し、

 

なんとか返済に回しても、家の売値は、バブル時に購入したときの3分の1程度!

 

バブル期に高騰していた建物が、暴落してしまったのです。

 

家を手放したのに、負債はまだかなり残っている状態で、

 

別のカード会社から、10万円や20万円単位でお金を借り、

 

ほかの返済に充てるという悪循環になってしまったのです。

 

次第に、とうとう貸してくれる業者がなくなり、最後は債務整理で自己破産。

 

 

お子さんがいて、家庭もある場合、世間体も気にするでしょうから、

 

他の人に知られないようにことを運ぶことは気持ちも休まりません。

 

弁護士事務所に通ったり、裁判所に行ったり、

 

自己破産が決定するまで、精神的にもきついかもしれません

 

しかし、債務整理後、長い間の苦しみからようやく解放されるのです。

債務整理しても住宅ローン家を買える

債務整理したら大変なことにならないか?債務整理をしたら個人情報にのってしまい住宅ローンが組めないのではないか?などの心配をしている方にお答えします。

 

債務整理をしても住宅ローンは組めます!ただし、債務整理の内容によります。

 

まずは住宅ローンを組めない債務整理ですが、整理しても過払い金が発生せず債務が残っていて払い続けている方は無理です。

 

債務整理をしても借入期間が短くまだ借金が残っている場合は当然ですが債務が残っているわけですから金融機関も貸してはくれません。

 

次に借りれる人は、債務整理をして過払い金が発生している人です。過払い金が発生するということ=遡れば過払い金が発生する時期には借金が終了しているわけです。

 

つまり過去に遡って個人情報には記載されます。私が実際に経験していますので間違いはないです!

 

私は司法書士さんにお願いして消費者金融に交渉してもらい各社全てが過払い金が発生しました。

 

全ての過払い金をもらい自分の個人情報をとりよせてみたところ、全ての情報が過去の日付で支払終了になっていました。

 

そこで債務整理終了後念には念をいれ半年まってフラット35に申し込んだところすんなりとOKがでました。

 

債務整理者のすべての方にあてはまるとは言いませんが、過払い金が発生するような長い期間支払していた方は決してあきらめず、チャレンジしてもいいかと思います。

弁護士の選び方

債務整理を行う際にはしっかりとした弁護士を選ぶ必要があります。

 

多重債務者のい方は十分に活用することが出来る弁護士を探しましょう。

 

経験が有り、今までにしっかり実績のある弁護士との解決が望しです。

 

出来れば弁護士に今までの十液を見せてもらい、債務整理や自己破産について詳しく説明してもらうことが必要になります。

 

債務整理が必要な方は今までの借入した金額が増えてしまった方や保証人になってしまった方などにオススメすることが出来ます。

 

また借入をして返済している最中に失業してしまった方も債務整理をオススメできます。

 

債務整理を行うことで、弁護士のアドバイスがあれば即、返済が可能になります。

 

また利用価値の高い債務整理は法的に解決しますが裁判所の許可などは必要なく、利用していくことが出来ますので、利用したい時に即利用することが出来ます。

 

キャッシングやカードローンは思っえるよりも利息を支払わなければならない状況があります。

 

そのため支払いに対応できなくなってしまった時には債務整理屋自己破産を行うことが大切です。

 

カードローンの利息についていけなくなったら債務整理、自己破産を行うことが大切です。

 

今すぐ、解消しましょう。

債務整理の一つの方法としての任意整理

債務整理の一つの方法である任意整理に関して、説明します。

 

まず、任意整理とは、法律に基づく債務整理ではなく、債務者と債権者が話し合って返済条件を決めることを指します。

 

なお、任意整理では、多くの場合、弁護士に依頼します。

 

そして、任意整理を弁護士に依頼した場合、一般には、以下に示す6つのステップを踏んで進めてゆきます。

 

第1ステップは、状況説明や相談です。債務・家計・資産などに関する状況、収入や支出についての現状、債務の発生原因や増加原因、等を、弁護士に詳しく説明します。

 

そして、債務を整理する方法として、任意整理が妥当なのかどうか、弁護士に判断してもらいます。第2ステップは、弁護士への委任です。

 

任意整理が妥当、との判断を弁護士がしたなら、弁護士に任意整理を委任します。第3ステップは、介入通知の発送です。

 

委任を受けた弁護士は、各債権者に対して、介入する旨の通知を発送します。第4ステップは、債務額の調査と確定です。

 

まず、各債権者に対し、弁護士は、取引き経過や債務額の残高や状況を開示することを要求します。

 

次に、各債権者から取り寄せた書類と債務者自身の記憶内容を照合して、相違点をチェックします。

 

そして、相違点チェック後に、利息制限法に基づいて、正当な債務金額を算出します。第5ステップは、交渉です。

 

債務者の意向に基づいた分割返済プランで合意できる様、弁護士は各債権者と交渉します。第6ステップは、返済開始です。

 

最後に、交渉にて合意した分割返済プランに従って、債務者は返済を開始することになります。